注目キーワード
転職、仕事術関係を中心に、有益情報を発信中です!!

【有益】営業職こそテレワーク(在宅勤務)?メリットを生かす方法とは?

テレワークと言えば、デスクワーカーを中心に広がっている働き方の一つです。2020年のコロナショックに伴う外出自粛に端を発し、強制的にテレワークを課せられた方も多いと思います。例にもれず、ぼくもその中の一人です。

 

「出来るわけないやん、あり得へん…。」

 

営業職のぼくの率直な第一印象…。でも、やってみると…

 

「あれ?意外といけるやん!?」

 

というのが第二印象…。

 

どうやら、食わず嫌いだったようです。今後、”コロナショックの怪我の功名”とも言うべきか、否応なしにテレワークは進んでいくでしょう。経験談を交えながらその可能性について説明してきます。

 

うまく活用すれば効率化を図れるし、労使ともにWin-Winだと思うんだけどな~。営業職もこれに当てはまる可能性が見えてきた。
★だいまろ★
★だいまろ★

 

この記事の内容は?
  1. テレワークの内容を説明
  2. テレワークのメリットについて
  3. 営業職でもテレワークは使える?

 

関連記事

2020年、コロナ禍に伴い定着してきたテレワーク/在宅勤務。働き方の一つとして、今後ますます広がっていくでしょう。 今回は、そんな在宅勤務のすべてが分かるまとめ記事です。一つの参考書としてお納めください~!   […]

関連記事

2020年、コロナ禍に伴い、テレワーク/在宅勤務が定着してきました。働き方の選択肢の一つとして、今後ますます広まっていくでしょう。。 今回は、そんな在宅勤務を快適にしてくれる必須アイテムを紹介しようと思います。   […]

関連記事

2020年、コロナ禍に伴い働き方も転職事情も変わりつつあります。こんなご時世、トレンドを把握して有利に転職活動を進めるには、これまで以上に転職サイト/エージェントをうまく活用する必要があります。   [word_bal[…]

関連記事

マニュアルがない営業職。売れる営業マンには一体、どんな特徴があるのか?どうすれば、そんな営業マンになれるのか? すぐにでも実践できる6つのアクションを教えちゃいます。これさえ意識すれば、変わっていくことでしょう!   […]

 

 

テレワークとは何か?

 

 

そもそもテレワークとは何か?困ったときは、ウィキペディアに聞いてみましょう。

 

テレワーク(英:telework)あるいはテレコミューティング(英:telecommuting)とは、勤労形態の一種で、情報通信技術(ICT、英:Information and Communication Technology)を活用し時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態をいう。「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

ということで、要はオフィス以外のところで働く勤労形態ですね。そして、それは大きく3つに分けられます。

 

  • 在宅勤務
  • モバイルワーク
  • サテライト

 

そして、これらとは別によく耳にするリモートワークは、テレワークとほぼ同義語と定義されています。

つまり、下図のイメージですね。

 

 

それでは、テレワークの中身を見ていきましょう。どれも、外部接続できる盤石なITインフラが必要不可欠です。

セキュリティーも求められますよね。会社によっては、このインフラ整備から必要になるかもしれません。

 

在宅勤務

これがまさに、コロナショックで課せられたものですね。出社しないで自宅で仕事しなさいというやつです。時間、スケジュールなどすべてにおいて、自己管理が求められます。

 

 

 

 

モバイルワーク

外出先や移動中に、仕事をしなさいというやつです。パソコンやモバイルを持ち歩き、もはや仕事から逃れる時間がないという束縛を感じる方も?ただ、確実に仕事の効率化に寄与しますね。

 

サテライトオフィス

自身のオフィス以外のオフィスで仕事をするケースです。アンテナオフィスとも呼ぶべきでしょうか。実はこれは昭和後期によくあったパターンで、今はあまりないかもしれませんね。

 

 

テレワークのメリット

 

 

では、実際にテレワークのメリットとは何でしょうか?企業と雇用、両方の側面から見ていきましょう。

 

企業側のメリット

 

生産性の向上

通勤時間などのロスタイムをカットすることができます。また、雑務等の横やりが入らず集中力がアップすることにより、生産性の向上が期待できます。

 

コスト削減

通勤手当や出張手当などの経費を低減することが可能です。また、一般的に残業低減にも繋がるとされています。

 

人材の流出

働き方の自由化により、家庭の事情にも柔軟に対応できるようになります。結果的に、辞めざるを得なかった社員の歯止めにも繋がります。

 

BCP(事業継続計画)の強化

まさにコロナショック対応ですね。テレワーク化することにより、非常時も事業継続または早期再開できる体制を築けます。昨今、企業に強く求められているファクターの一つです。

 

雇用側のメリット

 

通勤や移動からの解放

これは非常に大きいメリットだと思います。都心部の平均通勤時間は1時間と言われていますので、往復2時間カット。これがそのままあなたの時間として還元されるのは大きいですね。

 

最小限のコミュニケーション

コミュニケーションは重要な反面、過度なやり取りや業務の邪魔になっているケースが多いのも実情です。テレワーク化により、最小限のコミュニケーションとすることで、生産性は向上します。

 

住む場所を限定されない

これは完全テレワーク化した会社の場合ですが、極論これもOKです。とにかく、ライフスタイルを重視できるというメリットは計り知れません。

 

プライベートとの両立

少し重複しますが、会社にライフスタイルを合わせるのではなく、ライフスタイルに合わせた働き方が可能になります。

 

 

Sponsored Link

営業職のテレワーク活用法は?

 

 

そんないいことだらけのテレワークですが、営業職での活用は果たして可能でしょうか?特に在宅勤務というのは、一見ハードルが高いように見えますが…。

何といっても、営業職は顧客に会ってナンボ。

 

ただ、実際コロナショックの最中にやってみましたが、うまく活用すればかなり使えると感じました!

これは同じ営業職でも、会社や業界によってもバラバラなので一概に言えませんが、一つの事例として参考にしてみてください。

 

モバイルワークの活用法

これは既に取り入れている会社も多いはず。出先の待ち時間や移動時間が多い営業職にとって、これは便利!

ただ、外部での作業は限定されます。予め外部でやる業務の仕分けはしておいた方が良いでしょう。外出前に何をやるのか決めておくのです。

 

【外部向き】

・客先との連絡、やり取り(メール、電話)

・調整、依頼の発信(メール、電話)

【外部不向き】

・資料の作成(報告書、データまとめetc…)

・文書の作成(見積書、連絡文書etc…)

 

外部では、メールや電話でのやり取りが基本になると思います。資料や文書の作成などは、外部作業には向きません。

これらは割切って、オフィスに戻り腰を据えてやりましょう。外部で手を付けてしまうと、逆に非効率です。

大切なのは、あなた自身の業務を社内外に仕分けてしてスケジューリングするということです。

 

在宅勤務の活用法

先に言うと、営業職の場合100%の在宅勤務は成立しないでしょう。個人的には、以下配分が理想だと思っています。また、実際に作業効率が上がりました。

 

【週5日勤務中】

  • 在宅勤務:3日間
  • オフィス勤務:1日間
  • 顧客訪問:1日間

 

見積書の作成、報告書の作成、資料まとめ、計画立案…。営業職は案外、デスクワークが多いもの。これらを在宅勤務で効率よく集中してこなすのです。

電話以上訪問未満の顧客対応は、Web会議もしくは電話会議システムで問題なし。

在宅のハードルになっている検印業務については、上司と自分のハンコ画像を対象図書に貼りつけることでクリア。このような工夫で、最低限は在宅でも対応可能です。

 

ただ、紙ベースの作業や持出せないシステムでの作業など、どうしてもオフィスでないと出来ない業務も存在しますよね。そのため、1日だけオフィスにて通常業務の日を設けます。

この1日しかないと思えば、逆に集中力が増して効率UPするものです。「明日も出来る」という環境より、よっぽど良いと気が付きました。

 

そして、本業の顧客訪問も1日に集約して効率化を図ります。もちろん、1日で難しい場合は2日に設定するなど適宜調整すれば良いと思います。

1日の顧客訪問に対し、4日という準備期間ができるので、逆に顧客へのサービスが向上したと感じました。実際、「このペース、良いね!」という顧客の声もありました。

 

闇雲に外出するだけが営業職ではないと痛感。
効率を求めれば、こんな働き方もアリ!
★だいまろ★
★だいまろ★

 

 

まとめ

 

営業職と言えば、昼間は顧客訪問、夕方からデスクワークというパターンが一般的ですが、テレワーク化することで新たな可能性が垣間見れました!

業務内容と環境を完全に切分けることで、営業職も顧客サービスの質を落とすことなく効率化が可能です。

今後、試してみる価値は十分にあると思います。

 

関連記事

2020年、コロナ禍に伴い定着してきたテレワーク/在宅勤務。働き方の一つとして、今後ますます広がっていくでしょう。 今回は、そんな在宅勤務のすべてが分かるまとめ記事です。一つの参考書としてお納めください~!   […]

関連記事

2020年、コロナ禍に伴い、テレワーク/在宅勤務が定着してきました。働き方の選択肢の一つとして、今後ますます広まっていくでしょう。。 今回は、そんな在宅勤務を快適にしてくれる必須アイテムを紹介しようと思います。   […]

 

 

Sponsored Link