注目キーワード
転職、仕事術関係を中心に、有益情報を発信中です!!

【第二新卒向け】転職の自己紹介と面接はこれでOK!例文付きで説明するよ!

転職活動において、最大のネックは自己紹介や面接ではないでしょうか。企業側からしても、直接あなたを確認できる唯一の場ですから尚更です。

そして、転職者の誰もが緊張して不安なことは、企業側も当然分かっています。その中で、どんなパフォーマンスができるのかを試されているわけです。

 

自己紹介や面接って正解がないよな~。
アドリブ力も試されそうで不安だな…。
悩む人
悩む人

 

不安なのは、あなただけじゃない!
正解はなくてもセオリーならあるぞ!
その悩み、解決してしんぜよう!
★だいまろ★
★だいまろ★

 

・第二新卒者に求められるものとは?
・第二新卒者の自己紹介
・第二新卒者の面接
この記事を読めば、企業側に何を求められていて、どうアウトプットすべきか分かるはずです。
準備しておく項目も具体的に示しますので、あなた専用のカンペを作りましょう!恥ずかしいことじゃないです!カンペを作るのも立派な準備作業です。(本番で見ちゃダメですよ~笑)
ぼくは営業職である傍ら、多数の転職者を見てきました。間違いなく面接官のツボを押さえた内容にしていますので、ぜひ参考にしてみてください!
関連記事

2020年、コロナ禍に伴い働き方も転職事情も変わりつつあります。こんなご時世、トレンドを把握して有利に転職活動を進めるには、これまで以上に転職サイト/エージェントをうまく活用する必要があります。   [word_bal[…]

関連記事

転職活動において、今や転職サイト・転職エージェントの利用は必須です。ただ、無数に存在する中からどう選ぶか…。迷っている20代や第二新卒の方も多いはず。 そんなあなたの悩みをスッキリ解決しましょう!結論は、以下3つのサイトに登録しておけ[…]

関連記事

企業の口コミが見れる投稿サイト、転職会議。転職活動をサポートしてくれる転職サイトや転職エージェントとは異なるサービスです。会員数も700万人を突破したようで、多くの転職者に活用されています。   [word_ballo[…]

関連記事

MIIDAS(ミイダス)は、ちょっと変わったサービスを提供する転職サイトです。あの転職サイト大手のDODAを手掛ける、パーソルキャリアが運営する安心サービス。 分かりやすく簡単に説明していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 […]

 

ミイダスに無料登録!自分の市場価値を調べよう

 

 

第二新卒者に求められるものとは?

 

まずは、第二新卒者に求められるものについて考えてみましょう。詳しくは「第二新卒が転職する時の注意点は?知らないと損するよ!【有益】」を参考にしてみてください。

ここでは、自己紹介や面接に求められるものに絞って説明していきます。

 

【求めらるもの】

・向上心とやる気があるか?
・明確な転職理由を持っているか?
・明確な志望動機も持っているか?
・腰を据えて、働く意思があるか?

 

向上心とやる気があるか?

第二新卒にまず求めるもの。それは、やはり向上心とやる気でしょう。どこの企業も、マンネリ化した職場に若くて新しい風を求めているものです。

これは必須条件と言っても過言ではありません。

 

明確な転職理由を持っているか?

なぜ転職しようと思ったのか?これは鉄板で聞かれる質問でしょう。ここで明確な理由を答えられるか否かで評価が変わってきます。

生半可な気持ちで受けに来たわけではないと思わせるためにも、しっかりと回答用の理由を持っておくべきです。

 

明確な志望動機を持っているか?

うちを受けに来た志望動機は?これも鉄板の質問ネタです。言わずもがなここを重点的に対策すべきです。

ありきたりだったり、ゴマをするような回答ではなく、「よく考えてここに来たな。」と思わせる回答を準備したいところ。

転職理由と合わせて「【第二新卒向け】必勝の志望動機とは?例文とともに紹介!(転職理由ランキングあり)」も参考にしてみて下さい。

 

腰を据えて、働く意思があるか?

第二新卒者は短期間で離職した実績があるので、どうしてもまた辞められないかと思われがち。意外とここを押さえていない場合が多い印象です。

転職先での長期的な目標を掲げることが重要です。「将来も見据えて受けに来てるな。」と思わせたいところ。

 

相手が求めていることを準備する。
単純なようで意外とできていないかも~
★だいまろ★
★だいまろ★

 

 

第二新卒者の自己紹介

 

求められるものを頭に入れたところで、まずは自己紹介について説明していきます。

 

自己紹介の重要性

企業側は、履歴書一枚のみであなたのことを何も知りません。あなた自身の人柄やPRポイントを、短時間で伝える必要があります。

絶好のPRの機会です。何よりも大切なことは、相手にインパクトを与えることです。自己紹介とは、相手に自分の印象を植え付ける作業とも言えるでしょう。

緊張の場で、気の利いたことは中々浮かばないもの。だから、予め練っておけばイイのです。カッコつけて、アドリブで上手くやろうと思わない事!とにかく準備を怠るべからずですよ。

 

自己紹介の準備

一例として、自己紹介の流れを紹介します。時間は3分以内にまとめましょう。それ以上、熱弁しても逆効果です。話が長く、まとめられないというレッテルが貼られますからご注意を。

 

  1. 挨拶
  2. 経歴
  3. 自己PR
  4. 締め

 

 

この4ステップでOKです。あとは肉付けしていきましょう。

 

①挨拶

例文:本日は、貴重な機会を頂き有難うございます。〇〇と申します。どうぞよろしくお願い致します。

機会を与えられたことに感謝の言葉を。名前は氏名で名乗ります。苗字だけはNGです!

 

②経歴

例文:私は、〇年に機械メーカーであるA社のB部門に入社しました。そこで営業職として〇年従事しています。主力製品である〇を製造・販売しています。

どういう会社に入り、どんな部署で何をしているかの概要をサラッと紹介する程度でOKです。

 

③自己PR

例文:私の強みは、継続力と文章力の2つです。前者は、中長期的に目標を掲げコツコツと実行することを得意としてます。これで、新たな販売網を開拓し売上を倍増する事ができました。

後者は、会話力と同じくらい大事だと実感しており、人に伝えるだけでなく人を動かす文章を書けるよう努力してきました。このスキルは、顧客との交渉にも生かせています。

自分の強みをPRしましょう。その強みによって実績があれば、より説得力が増します。

④締め

例文:以上が私の自己紹介です。よろしくお願い致します。
終わったことを告げて、必ず最後に「よろしく」や「ありがとう」を入れましょう。

 

これをベースにあなた自身の自己紹介のカンペを作ってみましょう。ただ、この内容だと一つ足りません…。何か?

 

それは、相手にインパクトを与える何かです。

自分を印象付けるエッセンスをどこかにちりばめましょう。名前の由来、変わった趣味、笑いネタ、何でも構いませんので!ここで印象付けられたら、自己紹介の成功です!

 

印象付けが一番大事だ~
何でもいいからネタをしこめ!
悪いことは言わないのでぜひ!
★だいまろ★
★だいまろ★

 

自己紹介の注意点

あとは注意点をいくつか挙げます。せっかくイイ自己紹介を準備しても、これらに注意しないと台無しになることも…。

どれも当たり前と思っていても、緊張や不安もあってできていないケースも多いです。あと、自己PRと自慢話は違いますからね!アピールするあまり自慢話になると即OUTです…。

 

  • 笑顔と元気を忘れるな!
  • 大きな声でハキハキと話す!
  • 挨拶はちゃんとお辞儀する!
  • 自慢話はするな!

 

 

 

Sponsored Link

第二新卒者の面接

 

次に面接について、説明していきます。

 

面接の重要性

自己紹介があなたの攻撃の回だとすれば、面接は企業側の攻撃の回ですね。面接官からの質問に対し、確実に回答していかないといけません。

一番重要なことは、十分な準備と冷静な対応です。不思議なもので、しっかり準備をしていると自ずと落ち着けるもの。そういう意味でも準備は大事なのですね。

また、いくら準備していても予想外の質問が飛んでくることもあるでしょう。そんなときも落ち着いて対処しましょう。大丈夫!そんな質問にはみんな動揺します。

面接官だって、逆の立場ならきっとどもるはず…。心大きく望みましょう!

 

面接の準備

まぁ、常套文句というか決まった質問をいくつか紹介します。これについては、最低限準備しておきましょう。

とにかく主体性が見える前向きな回答を持っておくべきです。詳しくは「【第二新卒向け】必勝の志望動機とは?例文とともに紹介!(転職理由ランキングあり)」を参考にしてください。

 

  • 転職理由は何か?
  • 志望動機は何か?
  • 生かせるスキルや経験は?
  • 転職してからどうなりたいか?
  • 聞きたいことは何かないか?(逆質問)

 

面接の服装

最近は、クールビズなどのカジュアル化もあってか「服装自由、カジュアル可」という案内が増えているようです。迷うとの声も聞きますが、無難にスーツ上下でいいと思います。

服飾系といったファッション業界でない限りは、こんなところで個性なんて出さなくてイイです。変なところで気をもむのは止めましょう。

 

面接の注意点

基本的に、自己紹介でお話した注意点と同じです。ただ、さらに挙げるとすれば以下だと思います。面接官の作る話の流れに乗りましょう。

 

  • 質問にのみ答える!
  • 話を脱線させない!
  • ゴマをするような回答はするな!
  • 沈黙は悪。分かりませんの方がマシ!

 

 

まとめ

自己紹介と面接について説明してきました。一番大事なコトは、相手が求めるものを理解して準備するということです。これをよく理解してもらえたかと思います。

アドリブでサラッとカッコよくこなしたい気持ちも分かりますが、これは失敗の素です!準備を怠るべからずです。一度、あなたなりのカンペを作ってみる事をオススメします。

 

関連記事

2020年、コロナ禍に伴い働き方も転職事情も変わりつつあります。こんなご時世、トレンドを把握して有利に転職活動を進めるには、これまで以上に転職サイト/エージェントをうまく活用する必要があります。   [word_bal[…]

関連記事

転職活動において、今や転職サイト・転職エージェントの利用は必須です。ただ、無数に存在する中からどう選ぶか…。迷っている20代や第二新卒の方も多いはず。 そんなあなたの悩みをスッキリ解決しましょう!結論は、以下3つのサイトに登録しておけ[…]

関連記事

企業の口コミが見れる投稿サイト、転職会議。転職活動をサポートしてくれる転職サイトや転職エージェントとは異なるサービスです。会員数も700万人を突破したようで、多くの転職者に活用されています。   [word_ballo[…]

関連記事

MIIDAS(ミイダス)は、ちょっと変わったサービスを提供する転職サイトです。あの転職サイト大手のDODAを手掛ける、パーソルキャリアが運営する安心サービス。 分かりやすく簡単に説明していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 […]

 

ミイダスに無料登録!自分の市場価値を調べよう

 

 

Sponsored Link