注目キーワード
転職、仕事術関係を中心に、有益情報を発信中です!!

【最新版】スキルがないと転職はダメ?20代に送る5つのメッセージ。

20代で転職を考えているあなた。スキルがないと転職は厳しいと思っていませんか?結論から言うとNOです。

20代であれば、やる気と覚悟さえあれば何とかなります。30代以降になれば話は変わってきますが、20代なら大丈夫です。

ただし、決して安易に考えてはいけません。あくまで「やる気と覚悟さえあれば・・・。」です。

 

ぼくはこれまで、たくさんの20代の転職を見てきました。成功した方、失敗した方、満足した方、後悔した方…。

本人がどう思うかですが、やはり結果はさまざまです。一人でも多くの方に、転職して良かったと思ってもらいたい。

これはぼくから送る20代のあなたへのメッセージです。

 

そして、覚悟を決めたらまずは転職サイト/エージェントに無料登録してみましょう!初動は情報収集から。以下参考にどうぞ。

関連記事

2020年、コロナ禍に伴い働き方も転職事情も変わりつつあります。こんなご時世、トレンドを把握して有利に転職活動を進めるには、これまで以上に転職サイト/エージェントをうまく活用する必要があります。   [word_bal[…]

関連記事

MIIDAS(ミイダス)は、ちょっと変わったサービスを提供する転職サイトです。あの転職サイト大手のDODAを手掛ける、パーソルキャリアが運営する安心サービス。 分かりやすく簡単に説明していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 […]

 

 

スキルなしの定義

 

 

まずビジネスにおけるスキルは、以下のように大きく3つに分類することができます。

今回の「スキルなし」については、実践で培う(2)仕事力と(3)専門知識がない場合と定義します。

 

(1)アナログ力

 コミュニケーション能力、文章力、ビジネスマナー、いわゆる人間力の部分。

(2)仕事力

 問題解決力、総合判断力、統率力といった、実践で培うスキル。

(3)専門知識

 業種、業界によって存在する、特有の知識やそのスキル。

つまり、(1)アナログ力だけで転職は可能かという話です。「な~んだ、結局スキルは必要やん。」と言われそうですが、現職で数年間頑張って来られたあなたなら大丈夫です。最低限は養われているはずです。たとえ、短いキャリアであっても自信を持って臨みましょう。そういう意味でも、20代前半に現職で下積みを築いて、20代後半に転職でキャリアアップが個人的には望ましいモデルと思っています。

 

それではなぜ、(2)仕事力と(3)専門知識が無くても転職できると言えるのでしょうか?それは第二新卒者が培ってきた能力に大差がないためです。ずば抜けて有能で実績がない限り、大きなアドバンテージにはならないということです。決して第二新卒者ができないとか、みな平均点と言っているわけではありません。そういう風に、企業サイドには見えている場合が多いのです。

 

だからと言って、(2)仕事力と(3)専門知識が不要とは言ってませんよ~。ここが難しいところですが、必要と思うのなら習得するに越したことはありません。特に転職後の仕事には効いてくるでしょう。丸腰で実践より、知識があって実践のほうが成果は出やすいですからね。そこはよくあなた自身で考え、うまく転職のアクションに取り入れてください。

 

 

 

20代はどう戦うべきか?

 

 

では、仮に最低限の(1)アナログ力だけを武器にどう戦うのか?それは、あなた自身で考えるのではなく、相手(企業サイド)の立場になって考えることです。例えば、あなたがある企業の面接官だったとして、どういう第二新卒者を求めますか?そりゃ即戦力に越したことはありませんが、その次にほしいのは「ポテンシャルのある将来有望な社員」ですよね?まさに幹部候補生がほしいに決まってますよね?

 

ですので、このあたりを意識したPRを心掛けましょう。特に以下3点はしっかり押さえておきたいところです。そして、面倒でもテンプレ化はせずに1社毎に回答を準備しておきましょう。相手も人です。不思議なもので、こういうのって何となく分かるというか伝わるもんなんですよね…。これ、本当に重要です!

 

  1. 志望動機
  2. 将来の目標やあるべき姿
  3. その会社で何をやりたい?どう貢献したい?

 

 

 

Sponsored Link

20代への5つのメッセージ

 

 

ここまで、第二新卒者をモデルに「スキルなしの転職」について説明してきましたが、それをより成功に近づけるためのメッセージを送ります。どれも本質的な部分であり、転職後のビジネスライフにも大きく影響してくる内容だと断言します!よく読んで、マインドを変えてみましょう。

 

1.確固たる意志と覚悟を持て!

転職において、一番大事なことだと思っています。要するに生半可な気持ちで挑むなということです。もっと稼ぎたいとか、一旦リセットしたいというような安易な気持ちでいると痛い目に遭います。これ以上の理由が見当たらないのなら、転職は諦めたほうが良いでしょう。厳しいようですが、世の中そんなに甘くありません。

 

改めて、あなたはなぜ転職したいのか?そして、どうなりたいのか?を明確にしてください。自分を見つめ直すのです。そして、絶対に転職を成功させるという強い覚悟を持つべきです。これらの強い決意は、先ほどお話ししたPR内容により深みを持たせます。とにかく、これが初めの一歩だと思ってください。

 

2.準備で全てが決まるぞ!

他の記事でもたくさん書いていますが、準備ほど大事なものはありません。意思と覚悟を持った後は、転職の準備に励みましょう。スキルなしで転職が可能というのは、決して手を抜いてもOKと言っているわけではありません。むしろ、際立ったスキルがないと感じたら、やるべき準備に注力しましょう。これは転職だけではなく、何事にも言えることです。要するに、必要なことをやれるだけやって臨めということです。

 

 

3.尖ってもいい、芯を持て!

あまり精神論は言いたくないのですが、あなた自身の芯を強く持つように心掛けてください。人に言われて意見を曲げたり、同調したりすることは止めましょう。そのようなメンタルでは、ビジネスマンとしての大成は困難です。「20代であれば、多少意固地になったり反論するくらいでなきゃ。」と思います。

 

安心してください。人は年齢とキャリアを追うごとに丸くなるものです。いきなりは難しいかもしれませんが、確固たる意志と覚悟を持ったあなたには、必ずやそのような芯が芽生えてくるはずです。

 

4.プライドのぜい肉は削ぎ落せ!

芯を持つに少し逆行するかもしれませんが、一度プライドは捨ててください。学生時代と現職の数年間におけるプライドです。ぼくはこれを「プライドのぜい肉」と呼んでいますが、成長をこれほど阻害するものはありません。物事を素直に吸収するために必要な作業ですので、一旦リセットですね。

 

そして、年齢とキャリアを重ねたとき、真のプライドが芽生えるでしょう。このプライドは頭でっかちなものではなく、実績と自信から生まれるまさに本物です。プライドを捨てて、プライドを取り返しましょう!

 

5.スキルよりキャラを売れ!

これは面接でのテクニックでもあるのですが、キャラをとにかく前面にアピールしましょう。先ほどの説明の通り、第二新卒者のスキルに対し過度な期待はしていません。結局は人と人の話です。あなたのキャラを売ることに特化しましょう。周りとの差別化は、意外とこういうところにあります。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は、あなたにどうしても伝えたかったメッセージを紹介しました。特出したスキルがなくても転職は可能であると同時に、片手間でなし得るような甘い世界でもありません。大変ですが、明るい未来のために頑張りましょう!

 

関連記事

2020年、コロナ禍に伴い働き方も転職事情も変わりつつあります。こんなご時世、トレンドを把握して有利に転職活動を進めるには、これまで以上に転職サイト/エージェントをうまく活用する必要があります。   [word_bal[…]

関連記事

MIIDAS(ミイダス)は、ちょっと変わったサービスを提供する転職サイトです。あの転職サイト大手のDODAを手掛ける、パーソルキャリアが運営する安心サービス。 分かりやすく簡単に説明していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 […]

 

 

Sponsored Link